プリン体コントロールで痛風を予防する!|食事改善が健康を作る

ジョギング

最新記事一覧

肉とビールで起こる病気

中年の男性

飽食時代の注意点

現代は飽食の時代と言われています。食物の少なかった昭和初期に比べ、現代は至るところで簡単に食物を手に入れることができます。そのおかげで栄養状態は改善されましたが、今は逆に栄養の過剰摂取が問題視されるようになりました。食べ過ぎによる肥満、糖尿病、痛風など、様々なものが懸念されています。その中で痛風は足の親指を中心に関節痛を引き起こす病気で、その痛みはかなり激しいものとなります。食物に含まれるプリン体を摂取しすぎて、体内の尿酸値が上昇するために起こります。プリン体は主にお肉やビールに多く含まれますので、毎日のようにお肉を食べ、ビールをよく飲まれる方は要注意です。その他のお酒、焼酎やワイン、ウイスキーなどのプリン体は少なく、お酒の中ではビールが最も多い飲み物になります。

飽食の悪影響を防ぐには

飽食時代の様々な悪影響を予防するためには、自分の食べている食材を再度振り返ることから始まります。過剰摂取している物、また不足している物は何かを知り、食事をコントロールすることです。痛風に関しては、まずお肉とビールの摂取量のチェックが必要です。そしてなるべくそれらを控えられるよう、食事を工夫することです。加えて、飲水も大切な痛風予防の1つになります。尿酸は尿とともに排出されるため、水分を1日2リットル、意識的に摂取することです。加えて、コーヒーや緑茶の摂取も痛風予防に効果的です。コーヒーや緑茶には利尿作用があり、水と比べて排尿を促進する効果があります。ただし過剰摂取すると多量に尿が排出されるため、脱水症状を引き起こしやすくなりますので、バランスのよい摂取を心がけることが大切です。おいしいものを食べることはとても幸せなことです。食べ過ぎず飲み過ぎず、バランスよく摂取することは、病気を予防し楽しく健康的な毎日につながっていきます。

肝機能に効く商品

栄養補助食品

肝臓は食生活の影響を受けやすい臓器です。欧米風の食事が増えている状況から考えると、今後は肝臓の負担がさらに増えていくと予想されます。肝臓の異常は症状が出にくく、添加物の多い食事をしている場合は要注意です。サプリメントなどを利用して負担を軽くするのが、一つの解決法となります。

詳しくはこちら

生活習慣病予防に

サプリメント

納豆のネバネバ成分に含まれる酵素であるナットウキナーゼには、血液をサラサラにする働きがあり生活習慣病を予防する力があるとして注目されています。また、日本人に多く見られる糖尿病にも効果があるとして期待されています。最近ではナットウキナーゼはサプリによって手軽に摂取することも可能となっています。

詳しくはこちら

色々なタイプを使う

健康食品

糖尿病は改善しなければリスクが高くなるのでサプリ等を用いると良く、これらは種類が豊富で血液にも作用して効果的に良くするといった特徴もあります。こうしたサプリは優れていますが作用的に見て無理な面もあるので個人の取り組みも重要で、その他に依存し過ぎずに自分でも治すといった姿勢が必要となるのです。

詳しくはこちら